未成年専用マニュアル/銀座カラーの契約条件と親を納得させる3つのポイント

未成年が脱毛を始めるのも、今や当たり前になってきましたね!

私は脱毛デビューが遅かったので、もしやり直せるなら絶対に学生のうちに脱毛を始めたいです。

つるこ

どうせ脱毛するなら早い方が絶対にいいし、学生には学割っていう特権があるからね。

銀座カラーは16歳以上で生理が2回以上きている人であれば誰でも脱毛ができます。

ただ、未成年の場合は親の同意書が必要だったり、契約できるコースに制限があったり、なにかとルールがややこしいのも事実。

そこで今回は未成年者が契約をする場合の注意点や銀座カラーの独自ルールについて詳しく解説しちゃいます。

カウンセリングの予約前に知っておくべきことを全部網羅しました。

ぜひチェックしてくださいね!

\月額3,300円で全身脱毛/

※定員に達し次第終了となるため、検討される方はお急ぎください

 

銀座カラーの脱毛コース契約条件

先ほどもお伝えしたとおり銀座カラーは

❶ 16歳以上

❷ 生理が2回以上きている

の2つの条件をクリアしていれば未成年でも脱毛ができます。

生年月日は、身分証の提示を求められるので絶対にごまかせません。

学年ではなく16歳になる誕生日の日付で判断されるので、早生まれの人が得ですね!

「生理が2回以上」という条件は自己申告になるので確かめようはありませんが、大事な条件の1つです。

毛はホルモンバランスの影響を強く受けます。

そのため銀座カラーでは「生理が順調にある=体が成熟しホルモンバランスが安定している」とみなしているんです。

逆に生理が始まっていないうちから脱毛を始めても、生理を境にまた毛が濃くなったりすることがあるため、意味がありません。

この2つの条件をクリアしたうえで、未成年が脱毛の契約をするには親の同意が必要になります。

 

未成年の契約には親の同意が必要

脱毛契約は高額なので、未成年は親の同意がないと契約できないルールになっています。

これは銀座カラーに限らず、どこの脱毛サロンも同じです。

同意書なしで契約する抜け道

じつは銀座カラーには1つだけ未成年が同意書なしで契約できる「都度払いプラン」というものがあります。

都度払いプランはお手入れを受けるたびに現金払いをするシステムで、まとまったお金はいらないし親に同意書の記入をお願いする必要もないので契約のハードルが低いです。

ですが個人的にはあまりおすすめしたくありません。

なぜなら都度払いにすると想像以上に価格が割高になってしまうからです。(コースによっては通常料金の2倍)

価格のことを考えると、親に説明して同意書を書いてもらうほうが圧倒的に安くつきます。

都度払いプランについては詳しくはこちらの記事にまとめているので、気になる人だけご覧ください。

未成年の特権!銀座カラー都度払い脱毛のメリット・デメリット、注意点まとめ

つるこ

というわけで、ここからは親の同意を得ることを前提に脱毛の契約をする方法について解説していきます。

 

未成年でも契約できるコース

まずはじめに、未成年の方はリーズナブル脱毛コースは対象外となるのでご注意を。

どういうことか、説明しましょう。

そもそも、銀座カラーの脱毛プランは、年に6回までしか通えないかわりに若干お安い「リーズナブル脱毛コース」と最大年8回通える「スピード脱毛コース」の2つに分かれます。

同じ全身脱毛のコースでも、どちらを選ぶかによって価格が異なるのです。

ただ、未成年の場合は「スピード脱毛コース」のほうしか選べないというルールがあるので要注意です。

そのかわり学生なら学割が使えて最大10%割引で契約できるので、このチャンス逃さないほうがいいですよ!

\銀座カラー公式サイト/

※リンク先ページで「無料カウンセリング」ボタンをクリックすると、希望店舗の空き状況を調べられます

 

未成年が契約できるコース一覧(※すべて税込表記)

スピード脱毛コース 8回 脱毛し放題
全身脱毛/22か所
(学割価格)
296,600円
(285,000円)
339,400円
(327,600円)
全身ハーフ脱毛
(学割価格)
224,000円
(217,000円)
255,000円
(248,000円)
スタンダードチョイス
(学割価格)
45,200円
(40,800円)
81,200円
(73,000円)
デリケートチョイス
(学割価格)
22,600円
(20,400円)
40,600円
(36,500円)
全身脱毛・22か所の施術部位
両ワキ、両ヒジ上、両ヒジ下、両手の甲・指、両ひざ上、両ひざ、両ひざ下、両足の甲・指、えり足、背中(上)、背中(下)、腰、ヒップ、ヒップ奥、胸、乳輪周り、お腹、へそ周り、へそ下、Vライン(上部)、Vライン(サイド)、Vライン(iライン)
全身ハーフ脱毛
スタンダードチョイスの部位から4か所、デリケートチョイスの部位から4か所選択する計8か所のコース
スタンダードチョイスの部位
両ヒジ上、両ヒジ下、両ひざ上、両ひざ下、背中(上)、背中(下)、胸、お腹、Vライン(iライン)、ヒップ、ヒップ奥
デリケートチョイスの部位
両ワキ、両手の甲・指、両足の甲・指、両ひざ、へそ周り、へそ下、Vライン(上部)、Vライン(サイド)、えり足、乳輪周り、腰

【顔(鼻下除く)、鼻下、口下、もみあげ】の顔脱毛に関しては脱毛し放題コースはなく、回数制で下記料金になります。

顔(鼻下除く)の料金

回数 一般料金 学割料金
8回 45,200円 40,800円
12回 66,400円 59,800円
16回 86,400円 77,600円
20回 105,800円 95,200円
24回 124,800円 112,400円

鼻下、口下、もみあげ、各1か所あたりの料金

回数 一般料金 学割料金
8回 22,600円 20,400円
12回 33,200円 29,900円
16回 43,200円 38,800円
20回 52,900円 47,600円
24回 62,400円 56,200円

学生なら「学割キャンペーン」が適用されて、表右列の学割料金で利用できます。

さらに、もし友達を誘えるなら一緒にカウンセリングに行って学割とペア割を併用することでさらに安くなります。

詳しくは「学生必見!銀座カラーの学割+ペア割併用=全身脱毛し放題が安すぎてヤバイ」の記事で紹介しているので、気になる人は合わせてチェックしてくださいね。

銀座カラー【学割+乗り換え割】はアリ?学生向けの最安料金・割引併用パターンまとめ

\11月限定・ひじ下脱毛無料/

※5,250円相当の施術をカウンセリング当日無料で体験できます

カウンセリングは親同伴がおすすめ

上記の価格表からなんとなく申し込みたいコースは見つけられましたか?

もし気になるコースの金額が5万円以上だったら、カウンセリングは必ず親同伴でいきましょう。

同意書を持参して一人でカウンセリングに行く方法もあるのですが、親権者が同伴しない場合は契約できる金額の上限が5万円になるというルールがあるからです。

さらに、親が同伴するかどうかによって選べる支払い方法も変わってきます。

そのあたりの違いを詳しくご説明しましょう。

 

親権者同伴でカウンセリングに行く場合

親と一緒にカウンセリングに行くなら同意書を用意する必要はありません。

当日その場で親が必要書類に記入をすれば契約はできます。

契約金額にも上限はないので、さきほどご紹介した価格表のなかからどれを選んでもOKです。

もちろん支払い方法にも制限がなく、現金、クレジットカード、ショッピングローンから希望する方法を選んで支払うことができます。

(※ショッピングローンで支払う場合、ローンの契約者は親になります)

親についてきてもらうお願いをしたり、スケジュールを合わせるのは面倒かもしれませんが、未成年なら一緒にカウンセリングに行くのが一番簡単で確実です。

注意
銀座カラーは女性しか入店できないので、父親は同伴NGです。
母親、もしくは女性の親権者にお願いをしてくださいね!

 

親権者の同伴なしでカウンセリングに行く場合

どうしても親と都合が合わない場合のは、あらかじめ親の同意書を用意して、一人でカウンセリングに行くこともできます。

この場合の注意点は4つです。

  1. 5万円までのコースしか契約できない。
  2. 支払いは現金かクレジットカードのみ。ショッピングローンは組めない。
  3. 後日親に電話確認が入る。
  4. 同意書(親権者の自筆の署名、捺印)の持参が必須。

まず第一に契約できるコースが5万円以下に限られてしまうのと、ローンが組めないのでもしクレジットカードを持っていなかったら分割払いができません。

現金でいっきに4〜5万飛んでいくのって、ちょっとキツくないですか?

 

親権者の同意書を用意/フォーマットと書き方

同意書は店頭でもらうこともできますが、一度持ち帰って親に記入してもらってから再度持っていくのは二度手間になって面倒です。

以下URLからダウンロードできるので、事前に準備していきましょう。

参考 同意書ダウンロード(pdf)銀座カラー公式サイト

住所、氏名、連絡先を記入してもらって捺印をしてもらうだけなので、それほど手間はかかりません。

親に頼みづらいからって自分で全部書いても、筆跡ですぐバレちゃうのでやめたほうがいいですよ…

 

親に電話確認があることを伝えておく

親にバレずに契約したいという人もいるんですが、残念ながらそれはできません。

たとえ同意書を自分で書いてごまかしたとしても、記載した電話番号に後日親当てに電話確認が入るので、事前に説明しておくほうがスムーズです。

三女・もちか

でも、親に反対されたらどうしよう?何て説明すればいい?

長女・つるこ

たしかにお母さん世代には今ほど脱毛が浸透していないから、急に切り出すとびっくりされるかもね。

今でこそ高校生〜大学生のうちに脱毛を始めるのが当たり前になっていますが、お母さん世代が若い頃は脱毛は今と比べ物にならないくらい高額だったので、大人でも気軽に通えるものではなかったんです。

ましてや中高生が脱毛をする文化ではなかったので、「脱毛なんてまだ早いんじゃないの?!」って思われてしまっても無理はありません。

でも親の同意がネックで脱毛が始められないなんて嫌ですよね。

親御さんが反対をするのはきっとあなたを心配してのこと。

きちんと理由を説明すればわかってもらえるはずです。

そこで最後に未成年のうちから脱毛を始める3つのメリットをまとめました。

つるこ

これを伝えればお母さんにもわかってもらえるはず!

\月額3,300円で全身脱毛/

※定員に達し次第終了となるため、検討される方はお急ぎください

未成年のうちに脱毛を始める3つのメリット

①早めに自己処理を卒業することで綺麗なお肌を保てる

カミソリでの除毛は、お肌に悪影響しかないので早く卒業するに越したことはありません。

お手入れのたびに肌表面の角質を傷つけてしまうので、肌荒れがおきたりお肌が黒ずむ要因になってしまいます。

ムダ毛がコンプレックスで頻繁に剃らざるをえないこと、その結果としてカミソリ負けがつらく肌の調子が悪いということを親御さんにもわかってもらいましょう。

銀座カラーお肌に優しく安全な脱毛方法を採用しているので、体に害はないし続けることで自己処理の頻度が徐々に減っていきます。

自己処理を繰り返すことの悪影響についてはこちらの記事をどうぞ。

リスク大!ムダ毛処理にひそむ危険/お肌に悪い自己処理を卒業する最善の手順

②学生のうちに始めるのが一番安くてお得

結局いつかは脱毛するのなら、一番安くつく学生のうちに始めるのが正解です。

学割は学生だけの特権。

学割が使えるうちに申し込んでおけば、卒業後も追加料金なしでそのまま通い続けることができます。

 

③時間に余裕のある学生のうちが通いやすい

社会人になると仕事が忙しくなり、自由な時間が減ってしまいます。

休日の土日はOLさんたちの予約が殺到するので、どこの脱毛サロンも平日に比べて予約が埋まりやすいのが事実。

学生のうちは授業がない平日に通うことができるので、予約がとりやすく通いやすいというメリットもあります。

脱毛は回数を重ねて初めて効果が出るものなので、最低でも1年〜2年は覚悟して、早め早めにスタートしましょう。

\月額3,300円で全身脱毛/

※定員に達し次第終了となるため、検討される方はお急ぎください

 

脱毛は思い立った今が一番のはじめどき!

自己処理が不要になったら、もうカミソリ負けに悩むこともなくなり、とっても快適ですよ。

私は脱毛をして、ムダ毛がなくなっただけじゃなくお肌が自分のものとは思えないほどキレイになりました^^

剃っても剃ってもすぐに生えてくる剛毛がコンプレックスだったのに、今はもう自己処理とは無縁の生活をしています。

顔色は産毛がなくなったことでワントーン明るくなったし、脇だってもう黒いブツブツがなくなったのでいつ誰に見られてもはずかしくありません。

こんなに快適ならもっと早くにやっておけばよかった!

って本気で思っているので、将来娘ができたらできるだけ早く脱毛をさせてあげたいと思っています。

未成年の場合は親の同意が必須になりますが、きちんと説明すればわかってもらえるはず!

最近は娘と一緒に脱毛を始める40〜50代の女性も増えてきているので、おもいきってお母さんを誘ってみてはどうでしょうか。

ぜひ相談してみてくださいね!

\11月限定・ひじ下脱毛無料/

※5,250円相当の施術をカウンセリング当日無料で体験できます