キレイモはタトゥー・刺青ありでも脱毛OK!最低限知っておきたいリスクと注意点まとめ

日本ではまだ偏見も多く、日常生活の中においても温泉やプールなど様々な場面で制限がかかりがちな入れ墨やタトゥー。

そんな入れ墨やタトゥーは、脱毛でも制限されてしまうのか気になるという方も多いですよね。

結論、キレイモはタトゥーがあってもその部分を避ければ脱毛ができます。

ただし、知っておくべき注意点も。

今回はタトゥーがある場合の脱毛ルールと最低限知っておくべき脱毛リスクについてまとめました。

\KIREIMO公式/

※リンク先ページで「無料カウンセリング」ボタンをクリックすると、希望店舗の空き状況を調べられます

タトゥーが入っている場合の脱毛ルール

キレイモでは入れ墨やタトゥーが入っていても脱毛は可能です。

ただし、タトゥー部分とその周辺5cm以内は施術することができません。

 

タトゥーとその周りを脱毛できない理由

キレイモに限らず、光脱毛やレーザー脱毛はタトゥーに照射できないルールとなっています。

その理由は、3つです。

①やけどのリスクがある

まず一番大きな理由は、やけどのリスクがあることです。

せっかく肌をキレイに見せるための脱毛で、肌トラブルが起こってしまっては本末転倒ですよね。

キレイモの脱毛は、黒いものに反応する光を使います。

光が毛の黒色部分に集中した時に生じる熱で毛の根元を破壊していく仕組みです。

本来は毛の根元にしか熱が届かないため肌表面がやけどすることはないのですが、タトゥーがあるとそこに光が過剰反応してしまうんです。

いくら肌ダメージの少ない方法とはいえ、瞬間温度は60℃を超えるのであなどれません。

毛穴のようなごく小さな部分であれば、熱が発生してもそれほど痛みは感じることはありませんが、タトゥー全体に光が反応してしまうと肌に痛みが生じて火傷状態になる可能性が高いです。

そのため、タトゥーとその周辺は脱毛ができない決まりになっています。

 

②タトゥーが剥がれ落ちる可能性がある

脱毛によるやけどのリスクを承知の上で、無理して脱毛を行い、タトゥーの部分がやけど状態になってしまったとします。

その場合、肌はすぐに元の状態に戻らず、しばらくすると火傷した部分にかさぶたができます。

その下に新しい皮膚ができるので、通常はかさぶたが剥がれて初めて火傷が治った状態になるのです。

この時、もともと肌に埋め込まれたタトゥーの色素もかさぶたと一緒に剥がれ落ちてしまう可能性が高く、せっかくのタトゥーが台無しになってしまいます。

 

③タトゥーが変色する可能性がある

仮にやけどを免れたとしても、タトゥーが脱毛の光や熱によって変色してしまう可能性があります。

タトゥーの色素に光に反応する物質が含まれているかもしれないからです。

タトゥーは医療行為ではないので、使用する薬品に規制がなく、色を入れるために使われている着色剤は店によってバラバラ。

そこに含まれている成分が特定できないことが問題の1つです。

皮膚に埋め込まれている色素の成分がわからない以上、脱毛の光や熱によって副作用が発生する可能性は否定できません。

\KIREIMO/

※予約の変更キャンセルは直前まで可能です

部分的に脱毛できない場合の料金

ここまで、入れ墨やタトゥーが入っている部分とその周辺の施術はできないということと、タトゥーがあることによる脱毛のリスクについて説明してきました。

最後にもう1つ注意してほしいのが、入れ墨やタトゥーが入っている部分とその周辺を避けるからといって値引きはしてもらえないということです。

たしかに脱毛面積は少なくなりますが、料金は変わりません。

また、キレイモは全身脱毛専門のサロンのため、部分脱毛のメニューがありません。

もしも広範囲にタトゥーが入っていて、脱毛できないバーツが多い場合でも通常の全身脱毛と同じ料金が発生しますので、ご注意ください。

 

どうしてもタトゥーの上の毛を脱毛したい人へ

ここまでお読みいただいた方の中には、どうしても入れ墨やタトゥーの上の毛も脱毛したいという方も多いでしょう。

キレイモ に限らず、脱毛サロンの光脱毛や医療クリニックのレーザー脱毛は同じ理由でタトゥー上の脱毛がNGです。

どうしてもタトゥーがある部分の毛を脱毛したい場合は、ニードル脱毛(電気針脱毛)を選ぶしか方法がありません。

ニードル脱毛は光脱毛やレーザー脱毛と仕組みが異なり、熱を生じません。

毛穴一つずつに電気針を刺し、電流を流すことで毛根を破壊する方法なので、タトゥーがあっても施術が可能です。

ただし強い痛みを伴います。

さらに、光やレーザーによる脱毛とは異なり、針を刺した毛穴の数に応じて施術費用が決まるので、かなり高額です。

もしタトゥー部分を含む全身脱毛を希望するなら、タトゥーとその周辺を除く全身脱毛をキレイモで行い、キレイモ で脱毛できない部分だけニードル脱毛にする方が、脱毛費用が安く抑えられるのでおすすめです。

 

まとめ

キレイモでは入れ墨やタトゥーがあっても、偏見を持たれたり入店拒否されたりなどはありません。

ただし、タトゥーが入っている部分とその周辺は施術ができないので、全身脱毛を行う際はスタッフさんとのカウンセリングでしっかりと相談し、施術範囲などを確認してくださいね!

\ハンド脱毛が全員無料/

※契約の有無に関わらず、どなたでも体験していただけます。