キレイモとミュゼの比較【痛みと効果を本音で評価】どっちも行ってわかった違い

ミュゼプラチナムとキレイモといえば、脱毛業界のツートップ!

企業としての信頼度やサービスクオリティはどちらを選んでも申し分ありません。

ただし、特徴が正反対なので、選び方を間違えると損!

結論から言うと、脱毛効果には差がないのですが、料金プランと痛みの感じ方は全然違います。

痛みについては後ほど詳しくご説明するとして、選び方としては全身脱毛ならキレイモ、部分脱毛ならミュゼで間違いありません。

次女・さらさ

両方とも行ったことのある私が、2社の違いをくわしく説明するよ

\今ならハンド脱毛無料/

※契約の有無に関わらず、誰でも体験できます

\ミュゼプラチナム公式/

※上記ページから予約に進むと全てのキャンペーンの対象になります

 

キレイモとミュゼ・最大の違いは脱毛プラン

まず一番の違いは料金プランなので、全身脱毛か部分脱毛かを決めるだけで、どちらを選べば良いかがはっきりします。

キレイモは全身脱毛専門サロンで、ミュゼのような「ワキだけ」「背中だけ」といった部分脱毛のメニューがありません。

その代わり全身脱毛に関してはミュゼより圧倒的に安くメリットが多いのが特徴です。

\初月無料キャンペーン中/

※予約の変更キャンセルは直前まで可能です

一方で部分脱毛をしたい人はミュゼ一択。

特に100円で通い放題の両ワキ・Vライン脱毛はミュゼの代名詞です。

\先着順/

※定員に達ししだい終了予定のため、ご検討中の方はお急ぎください

最初にお話ししたとおり、どちらを選んだとしても脱毛効果やスピードには差がありません。

全身脱毛か、部分脱毛かによって安くつく方を選ぶのが正解です。

 

より詳しく料金を見ていきましょう。

 

全身脱毛はキレイモの圧勝

全身脱毛の料金比較

100円からスタートできるワキ脱毛で有名なミュゼプラチナムは、「値段が安い」というイメージが強いのですが、実は全身脱毛となるとめちゃくちゃ高いんです。

一方、キレイモの全身脱毛は業界最安レベル!

その価格差はこれを見れば一目瞭然です。

脱毛回数 キレイモの価格 ミュゼの価格
6回 114,000円 378,000円
189,000円
12回 212,040円 756,000円
378,000円
18回 290,700円 1,134,000円
567,000円
脱毛し放題 324,074円
プランなし

※価格は税抜き
※ミュゼ赤字は半額キャンペーン時の価格

ミュゼは定期的に全コース半額になるキャンペーンを実施していますが、半額になったとしてもキレイモの方が圧倒的に安いです。

その上、脱毛範囲もキレイモの方が網羅的で漏れがありません。

 

脱毛範囲の比較

同じ全身脱毛でも、コースに含まれる脱毛部位はサロンによって若干違います。

キレイモとミュゼは体部分は全部含まれていますが、顔脱毛の範囲が大きく違います。

部位 キレイモ ミュゼ
鼻下
額(おでこ)
頬(ほほ)
もみあげ
あご(口下)
目の周り
まゆげ

基本的に目の周りとまゆげはどこのサロンも脱毛できません。

キレイモはそれ以外全て脱毛可能なので、業界でもっとも脱毛範囲が広いと言えます。

一方でミュゼの顔脱毛に含まれるのは、鼻下とアゴだけ。

キレイモの方が値段も安い上に網羅範囲も広いので、全身脱毛に関してはミュゼを選ぶ理由がありません。

\KIREIMO/

★今なら初月分無料のキャンペーン中

 

一方で「ワキだけ」「Vラインだけ」など、部分脱毛をする人にとってミュゼは最高のサロンです。

部分脱毛はミュゼで決まり

ミュゼは部分脱毛なら業界でもっとも安いと言っても過言ではありません。

特に一番有名なのは100円で通い放題の「両脇・Vライン美容脱毛完了コース」!

電車の中吊りやCMで一度は目にしたことがあるんではないでしょうか。

ワキとVラインだけならたった100円で本当に脱毛が終わります。

実際私もお金がなかった大学生の頃にミュゼのワキ脱毛に通いはじめました。

今月のミュゼ注目キャンペーン

今なら両脇・Vライン脱毛がたったの100円で通い放題!

しかも4月中カウンセリングのWEB予約を済ませれば、両うで1回分のお試し脱毛までセットでついてきます。

来月のミュゼは値上げが濃厚なので、検討中の方はお早めに。

\早い者勝ち/

※上記ページからのWeb予約が条件です。電話予約では対象になりませんのでご注意ください。

ミュゼの部分脱毛料金

参考までに、ワキとVライン以外の価格も載せておきます。

ミュゼの脱毛部位はLパーツとSパーツに分かれていて、Lパーツ1回はSパーツ2回に置き換えることができます。

脱毛部位 回数 定価 キャンペーン価格
Lパーツ
両ヒザ上、両ヒザ下、両ヒジ上、両ヒジ下、背中(上)、背中(下)、お腹、胸、ヒップ
1回 9,000円
4,500円
Sパーツ
ヒップ奥、襟足、トライアングル上、トライアングル下、へそ周り、両手の甲と指、両足の甲と指、両ヒザ、Iライン、腰、乳輪周り
1回 4,500円 2,250円

フリーセレクト美容脱毛コースといって、最初に脱毛チケットを買って好きな部位に自由に使っていくスタイルのプランが人気です。

・ムダ毛が気になる部位が限定的な人
・脱毛が初めてでまずは試してみたい人

そんな人はミュゼの部分脱毛がおすすめです!

でも、部分的に綺麗になると「他の部位も脱毛したいな〜」と欲が出てくるのが女心・・・。

気をつけて欲しいのは、「ひじ下→ひざ下→背中→**」というように部分脱毛を追加していくと結果的に全身脱毛より高くついてしまうということです。

脱毛したい部位が3箇所以上あるなら、最初からコスパのいい全身脱毛コースを選んでおくのが賢い選択!

ちなみに私は全身脱毛を始めるタイミングでミュゼからキレイモに乗り換えました!

あくまでミュゼは2〜3か所程度の部分脱毛にとどめておき、それ以上脱毛したい場合は他サロンに乗り換える方が割安だと言うことだけ覚えておいてください。

\4/30(火)まで/

※ワキV通い放題の年パスが100円で購入できます

 

【キレイモvsミュゼ】脱毛効果の比較

結論、どちらも光脱毛(フラッシュ脱毛)なので脱毛効果には差がありません。

お手入れの頻度も両方とも2か月間隔が目安なので、脱毛所要期間もほぼ変わらないとみてOKです。

脱毛完了までにかかる回数の目安

回数と効果については複数の脱毛サロンに確認しましたが、どの脱毛サロンもほぼ同じ回答でした。

それは、自己処理不要なレベルにしようと思ったら18回が一つの目安ということです。

次女・さらさ

ちなみに毛が濃いうちの姉は、20回かかったって言ってた!

ネット上には「6回でツルスベ!」なんていう口コミもあるけど、正直6回程度では自己処理不要とまではいきません。

6回 →40%減
12回 →75%減
18回 →90%減
22回 →95%減

毛が濃いうちは減るペースが早いけど、回数を重ねて毛が薄くなってくると徐々に減り方がゆるやかになっていくイメージです。

6回と12回の差はすごいけど、18回と22回で5%程度しか変わりません。

ムダ毛がなくならなくても自己処理の頻度が減ればいいって人は6回でも満足できるでしょう。

また、薄いうぶ毛レベルなら生えてても気にならない、という人は12回でも十分満足して辞められます。

どのレベルで納得できるかは個人差がありますね。私はやるなら徹底的に最後までやりたい派!

回数を気にせずとことん脱毛したい人は、キレイモの永久保証付き・通い放題プランがおすすめです。

 

【キレイモvsミュゼ】痛みの比較

脱毛で価格や効果の次に気になるのは「痛み」でしょう。

両方体験してみてはっきり言えることは、2社は脱毛感覚が全然違うということです。

マニアックな話になりますが、使用する機械と脱毛の仕組みが違うので説明します。

 

ミュゼは静電気、キレイモは冷たい氷の感覚

どちらも痛みはないけれど違う種類の感覚があります。

ミュゼの脱毛はほぼ無痛で部分的にパチっと静電気が当たる感覚です。

個人的にワキはピリッと刺激を感じることもあったけど、耐えがたい痛みは一度もありませんでした。

一方でキレイモは痛いと言う感覚は一切なく、肌に氷を当てられるような冷たさを感じる脱毛です。

と言うのも、同じ光脱毛でもこの2社の脱毛機は全然違うんです。

ミュゼの脱毛機と脱毛の仕組み

ミュゼの脱毛は、まずはじめに冷却ジェルを塗って、その上から脱毛機の光を当てていく方法です。

光脱毛の中でも「SSC脱毛」と呼ばれる方式で、ジェルの中にある抑毛成分が光によって溶け出し、毛穴に浸透して行きます。

ジェルは常温なので冬場を除いてはそこまでヒヤっとしないし、脱毛の光がじんわりと暖かく心地よい施術です。

最初は毛が濃い部分や皮膚が薄い部分は刺激を感じやすく、ピリっと静電気が走るような感覚があります。

やがて毛が薄くなっていくとその感覚すらもなくなり、ほぼ無痛状態!

肌が弱めの私でも全然大丈夫なくらい低刺激でした。

 

キレイモの脱毛機と脱毛の仕組み

一方キレイモはIPL方式と呼ばれる脱毛方法で、毛の根本にある細胞を熱で破壊していく仕組みなので、脱毛の光は60〜70度くらいの熱を持っています。

一般的な脱毛サロンはその熱や痛みを緩和するためにジェルを使用するのですが、キレイモは独自開発の高性能な脱毛機を使用しており、ジェルは使いません。

肌に触れる脱毛機のヘッド部分がマイナス4℃に冷却されていて、毛に熱を与えながら肌を冷却する画期的な仕組みなんです。

ジェルを塗ったり拭き取ったりする手間がかからないし、ベタつきが残る不快感もないので個人的には好きですが、最初はその冷たさにびっくりしました!

脱毛機が肌に当たるのは一瞬ですが、スライド式じゃないので当てて離してを繰り返します。

感覚としては体に何度も氷をポンっポンっと当て続けられるようなイメージ。

冷たさが勝って痛みは全くと言っていいほど感じませんでした。ミュゼの脱毛で感じた静電気のようなピリッとくる感覚もありません。

脂肪が多い部分(太ももやお尻)は脱毛機のヘッドがピタリと密着するので、特に冷たかったです。

逆に肩や首のようにカーブがある場所は脱毛機が密着しにくく少し浮くので、じんわりとした光の暖かさを感じ、冷たさはマシでした。

 

結論、どちらも痛みはないけど独特の感覚がある

私の感覚では両方とも「もう無理!」って脱毛を諦めたくなるほどの耐え難いものではありませんでした。

姉いわく、レーザー脱毛の痛みは比にならないレベルらしいので、脱毛サロンの光脱毛を選んでおけば心配はありません。

\KIREIMO/

※予約の変更キャンセルは直前まで可能です

\ミュゼプラチナム公式/

※上記ページから予約に進むと全てのキャンペーンの対象になります

 

その他にも細かな違いはたくさんあるので、比較ポイントを漏れなく一覧表にしました。

【ミュゼvsキレイモ】全19項目を徹底比較

項目 ミュゼ キレイモ
創業 2003年〜
長年業界トップの企業
2014年〜
人気急上昇サロン
脱毛方法 光脱毛(SSC脱毛) 光脱毛(IPL脱毛)
痛みの少なさ
痛みなし

痛みなし
全身脱毛
(6回)
×
189,000円

114,000円
部分脱毛
100円〜

なし
支払い方法
現金
クレジットカード
ローン

現金
クレジットカード
ローン
銀行振込
割引制度
友達紹介特典

学割
乗り換え割
友達紹介割
脱毛頻度
年6回〜12回

年6回
予約の取りやすさ
普通

取りやすい
当日キャンセル料金
なし

なし
シェービング料金
なし

なし
無料お試し脱毛(パッチテスト)
なし

ハンド脱毛
照射前のジェル 使用 不使用
脱毛所要時間(全身)
90分

90分
脱毛後のお仕上げ
ミルクローション

スリムアップジェル
美白ジェル
オプション
なし

フォトフェイシャル(無料)
生理中の脱毛
VIO、ヒップ以外は施術可

VIO、ヒップ以外は施術可
店舗移動
勧誘
なしを公言

なしを公言
総合評価 27点
★★★★
35点
★★★★
公式サイト

ミュゼ

キレイモ

(総合評価/◎3点、◯2点、△1点、×0点としてカウント)

総合的に判断して、キレイモのほうに軍配があがるのは納得!

・顔脱毛をフォトフェイシャルに変更自由
・業界初のスリムアップ脱毛
・独自開発の美白ジェルも選べる

と言うように、キレイモはエステサロンとしても力を入れているので美肌効果に定評があります。

有名モデルやタレントの卵など、芸能関係の人たちがこぞって通う理由もそこです。

\フォトフェイシャルも受け放題/

★上記ページからの予約で9,500円オフになります

 

私はミュゼからキレイモに乗り換えました

私はもともとミュゼで脇脱毛をしていましたが、お金が溜まって全身脱毛を決めたタイミングでキレイモに乗り換えました。

キレイモは顔も含めて全身丸ごと通い放題のプランがあり、回数無制限なのにミュゼの18回より断然安かったんです。

脱毛だけではなくフォトフェイシャルまで通い放題なのも気に入っています。

しかもキレイモは乗り換え割がかなり手厚く、最大5万円も値引きしてもらえました!

他サロンと比べても、乗り換えるならキレイモが断然お得。

<参考:他社の乗り換え割特典>
・銀座カラー:最大2万円引き
・シースリー:1万円引き
・脱毛ラボ:最大3万円
・ミュゼ:乗り換え割引なし

キレイモの乗り換え割について詳しく知りたい方は「キレイモ乗り換え割の重要条件・割引後の料金まとめ」をご覧ください。

 

キレイモとミュゼは掛け持ちもアリ!

個人的に【ミュゼ→キレイモ】の乗り換えは総額が一番安く抑えられる最強のシナリオだと思っています。

ただ乗り換えたからといってミュゼを辞める必要はなく、並行して通うのももちろんOKです。

さらにキレイモの裏メニューである「カスタマイズプラン」を利用すれば全身からワキやVIOを除いてさらに安く契約することができます。

乗り換え割を使った上にカスタマイズプランで「わき・VIO」を除けば、最大7万以上得することも!

次女・さらさ

デメリットは、2か所同時に通うのがちょっとめんどくさいってこと

安さ重視で、時間はたっぷりあるから掛け持ちも苦にならないと言う人にはぴったりです。

詳しくは「ミュゼとキレイモの掛け持ち/大きすぎるメリットと唯一のデメリットまとめ」をご覧ください。

 

結論、どっちも行ってよかった

ミュゼもキレイモも、両方とも通っていましたが私個人としては、どちらも行っておいて本当によかったです。

学生の頃はお金がなかったので、ミュゼの激安ワキ脱毛に救われましたし、今はキレイモで順調に全身脱毛が進んでいます。

部分脱毛から始めるならミュゼ、全身脱毛の覚悟があるならキレイモを迷わず選んでください!

また、過去の私のように「将来的に全身脱毛したいけどお金がない・・・」って人はあとあと乗り換えればOKなので、まずはワキ・Vラインだけでもミュゼで脱毛スタートすることをオススメします。

ワキ毛がなくなったら、カミソリ負けや剃った後のチクチクする不快感もなくなり、日常生活が一気に快適になりますよ!

\今ならハンド脱毛無料/

※契約の有無に関わらず、誰でも体験できます

\まずは予約の空き状況をチェック/

※リンク先の[無料カウンセリング]ボタンに進むと、希望店舗の空き状況を調べることができます。