【Step.1】医療レーザー脱毛か光脱毛か?剛毛・敏感肌さんにおすすめの脱毛方法を解説

「脱毛したいけど、どこに行けばいいのかわからない」

そんなあなたのために、失敗しない選び方をガイドする講座をご用意しました☆

後悔しない脱毛サロン選びのコツは、徹底的に条件を絞ってからそれに該当する脱毛サロンだけを比較することです。

あらゆる条件を一度に比べようとすると比較漏れが出てしまうので、ぜひ流れに沿って一つ一つ決めてみてください☆

長女・つるこ

早速はじめるよ♪

 

【Step.1】レーザー脱毛か光脱毛かを決める

まず最初に決めるべきは、レーザー脱毛にするか、光脱毛にするかということ。

価格や脱毛スピードはもちろんのこと、自己処理でボロボロになったお肌にこれ以上負担をかけない方法を選ぶことも大事です。

特に毛が濃い人ほどダメージを受けやすい(痛みを感じやすい)ので、効果と痛みのバランスはとても重要!

結論からいうと、私は自身の経験も踏まえて剛毛・敏感肌さんには光脱毛を強くおすすめしています。

 

実はこんなにある!脱毛の種類

光脱毛の話に入る前に、脱毛方法の種類について説明しておきましょう。

現在、医療脱毛から光脱毛まで細分化すると全部で6種類あります。

基本的に痛みが少ないものほど1回あたりの脱毛効果が低く、痛みが強いほど 1回あたりの脱毛効果が高いです。

右に行けば行くほど効果がない、というわけではありません。

同じ効果を出すためにはより多くの回数が必要になる、ということです。

<手法別:脱毛サロン一覧>

美容電気脱毛 医療レーザー脱毛 光脱毛
IPL脱毛 SSC脱毛 SHR脱毛 ハイパースキン脱毛
TBC(スーパー脱毛) アリシアクリニック
リゼクリニック
湘南美容外科クリニック
レジーナクリニック
銀座カラー
キレイモ
シースリー
恋肌
ミュゼプラチナム
脱毛ラボ
コロリー
ストラッシュ
ラココ
ディオーネ

代表的な脱毛サロンを分類すると、このようになります。

三女・もちか

光脱毛だけで4種類もあるの?!めんどくさ!

長女・つるこ

私は、レザー脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛を体験してるけど、結論をいうと光脱毛の中でもIPL脱毛がおすすめ!

 

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

クリニックで受けるレーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛の違いは5つです。

比較 光脱毛 レーザー脱毛
価格 安い
高い
脱毛回数 多い
少ない
1回あたりの
所要時間
短い
長い
肌への刺激 弱い
強い
痛み ほぼなし
痛い
総合評価

レーザー脱毛は少ない回数で早く終わるのがメリットで、光脱毛は安くて肌への負担も少ないことがメリット。

実際に必要回数にどのくらい差があるのか、まとめたものがこちらです。

減毛レベル 光脱毛 レーザー脱毛
40%減
毛の生え方がまばらになる
6回
(1年)
3回
(9ヶ月)
75%減
ほぼ目立たないうぶげレベル
12回
(2年)
6回
(1年半)
90%減
自己処理が不要なレベル
18回
(3年)
8回
(2年)

※( )内は所要期間の目安

自己処理が不要なレベルまでしっかり脱毛しようとすれば、脱毛サロンなら18回かかります。

一方でクリニックなら8回で同じ状態に持っていけるイメージです。

「何度も通うのはめんどくさいし、多少割高でも少ない回数で済ませたい!」という方は医療レーザー脱毛が向いています。

ただ、光脱毛を選ぶ人の方が断然多いのが現状です。

なぜなら「価格の安さ」「痛みと肌ダメージの少なさ」「通いやすさ(店舗の多さ)」の3つの点が圧倒的に支持されているからです。

特に私のような剛毛・敏感肌の人には肌ダメージを考慮して光脱毛を選んで欲しいです。

光脱毛と医療脱毛、どちらも経験しましたが痛みの差は歴然です。(※理論上、レーザーは光の約3倍の刺激!)

しかも毛の1本1本が濃い人や、密集して生えている人ほど痛みを感じやすいという現実があります。

私はもともと肌が弱かったこともあり、レーザー脱毛の直後は毛穴が炎症を起こして赤いブツブツがたくさんできてしまいました。。。

光脱毛ならそんな私でも炎症が起こらなかったし、価格も良心的。

唯一光脱毛でネックなのは脱毛回数が多いという点ですが、冷静に所要期間を比較してみるとせいぜい8ヶ月程度しか変わりません。

その証拠に、銀座カラー(光脱毛)とアリシアクリニック(レーザー脱毛)の所要期間を比べてみました。

以下は自己処理不要になるまでに必要な回数(光脱毛:18回、レーザー脱毛:8回)を消化するのにかかる所要期間の比較です。

銀座カラーの方が回数は多いけれど高頻度に通えるので、結果的には8ヶ月しか変わらないんですよね。

この8ヶ月のために、20~30万以上高い医療脱毛を選ぶ人は正直言って少ないです。

あなたがもし「毛が濃いめ」「肌が弱め」であれば、迷わずに光脱毛を選んでください!

三女・もちか

光脱毛って、剛毛でも効果あるの?

長女・つるこ

必要回数をこなせば光脱毛でもじゅうぶん自己処理不要な状態は目指せるよ!

 

結論、剛毛・敏感肌には「IPL脱毛」がベスト!

最初に光脱毛だけでも4種類あるとお伝えしましたが、肌ダメージと効果のバランスを考えてベストな選択肢はIPL脱毛です。

IPL脱毛は光脱毛の中で最も歴史があり、痛みと肌ダメージはレーザー脱毛の3分の1ほどに抑えられる上に、効果にも定評があります。

私はIPL脱毛とSSC脱毛の両方を経験していますが、両方とも肌ダメージはなかったし、痛みのレベルにも差がありません。

ただ施術後はIPL脱毛の方がしっかり抜けてくれた実感があります。(※あくまで私個人の感想ですが参考まで)

10日ほどするとショーツに抜けたVラインの毛が付着していたり、ワキ毛を少し引っ張ってみるとスルっと抵抗なく抜け落ちてくれました。

SSC脱毛は1回ではそこまで顕著な効果を感じられず、気づいたら薄くなってきたかな?という感じです。

念のためそれぞれの脱毛サロンにインタビューをした結果、必要回数の目安に差はありませんでした。

ただ、口コミを見るとやはりIPL脱毛のほうが効果の実感は早いので、続けるモチベーションがわきやすいと言えます。

※最近はSHR脱毛やハイパースキン脱毛など新たな脱毛手法も注目されていますが、理論上効果が認められていてもまだ実績が少ないため、個人的にはあまりおすすめしていません。

各脱毛手法の詳細はこちら

 

”クリニックのほうが安心説”についての見解

私も最初は「お医者様が常駐しているクリニックの方が安心なんじゃないか」って思ったんですが、両方行ってみるとたいして差がありませんでした。

クリニックに脱毛しに行っても、医師に会うのは初回だけ。

簡単な問診があるだけで、医師が脱毛の施術をしてくれる訳ではありません。

2回目以降は問診もなく脱毛が始まるので、脱毛サロンに通うのと何も変わらない状況でした。

たしかに常駐の医師がいれば、万一トラブルが起きた時にすぐに診てもらえるという安心感はあります。

でも、最近は脱毛サロンも近隣のクリニックと提携しておりサポート体制は整っています。

それに、そもそも脱毛サロンの光脱毛の方が肌に負担が少ないため、トラブルが発生する確率が低いです。

私はどちらも経験しましたがサービス内容には何も差がなかったので、なんとなくの安心感で高額なクリニックを選ぶのはおすすめしません。

 

まとめ

・光脱毛でも回数を重ねれば自己処理不要なレベルに到達可能!

・毛が濃い人、自己処理で肌荒れがひどい人には「肌ダメージ」と「効果」のバランスがちょうどいい「IPL脱毛」がおすすめ。

 

次は、脱毛のゴールを明確にしてそれに必要な回数をはよう!という話に移ります。

失敗しない選び方【Step.2/仕上がりレベルを決め、必要回数を把握する】へすすむ